写真

愛する人を亡くした傷が癒えるのにどれだけの時間が必要なのであろうか。ギリシャ西部のある犬は、飼い主を18か月前に交通事故で亡くしている。飼い主への忠誠心を頑なに貫き通しているのか、それとも忠犬ハチ公のように飼い主が帰ってくるのを待っているのか…。その犬は事故があった場所を決して離れようとしないという。飼い主とこの犬との間には不思議な“魂のつながり”があるのかもしれない。 ギリシャのエトリア=アカルナニア県ナフパクトスに地元の人に可愛がられている1頭の犬がいる。その犬は18か月前に飼い主を亡くして以来、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング