写真

未成年者のゲーム依存が社会問題になっている中国では昨年、政府が18歳未満の子供のゲーム時間を制限するなどの新規制を発表し、ゲームの制作会社に対してもコンテンツやルールの修正を求めていた。しかし今年3月、ロックダウンで暇を持て余すようになった兄妹がゲームに夢中になり、「ゲームのキャラクターのように死んでも生き返ることが可能だろうか」と自宅の屋根から飛び降りて重傷を負っていたことが明らかになった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング