写真

日本女子フィギュア界の新たなスターに日本中が沸いている。その名は、紀平梨花(16)。先日行われたグランプリファイナル。紀平はショートプログラムでほぼノーミスの演技で、今季世界最高得点となる82.51点を記録。続くフリーでも1位を飾り、浅田真央(28)以来5年ぶりのグランプリファイナル優勝を果たした。オリンピック金メダリストのアリーナ・ザギトワ(16)も驚きを隠せない。試合後、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング