写真

「野菜の高騰が始まったのは7月上旬から。7月18日の時点で、うちの店舗では、きゅうりやなすの価格が2倍ほどに値上がりしています。今後、日照の影響を受けやすい、いんげん、ピーマン、葉物野菜(ほうれん草、チンゲン菜など)などが値上がりしていくことを懸念しています」こう語るのは、東京都練馬区や杉並区に店舗を持つスーパー「アキダイ」の秋葉弘道社長。主な夏野菜の平均の価格と今年の価格(東京都練馬区「アキダイ関町本店」7月18日現在の価格)は次のとおりだ。【きゅうり(4本)】平年の価格:100円ほど→今年の価格:198円【なす(5本)】平年の価格:150円ほど→今年の価格:280円【トマト(1個)】平年の… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング