写真

大相撲春場所の千秋楽で貴景勝(23)を撃破し、大関昇進を決めた朝乃山(26)。3日後の3月25日に行われた伝達式で、彼は《大関の名に恥じぬよう、相撲を愛し、力士として正義を全うし、一生懸命努力します》と宣言。新大関にふさわしい、堂々とした口上だった。だが記者が「相撲を始めたころから朝乃山関は強かったのでしょうか?」と問うと、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング