写真

街に人出も増えはじめた6月下旬、夕暮れ時の東京・六本木で、雑居ビルからさっそうと現れた1人の女性――。ダメージ加工のデニムスカートからスラッとした脚を大胆にのぞかせた、その女性は深田恭子(37)だった。彼女が出てきたのは、多数の芸能人がひいきにする、有名美容クリニックだった。「院長先生の評判はすごくいいですよ。肌のメンテナンスからボディケアまで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング