写真

厚生労働省の人口動態統計によれば、「家庭における主な不慮の事故」の死亡者数は、最新の2016年のデータで、年間1万4,175人だった。そして同年の交通事故死者数は5,278人であるため、じつに3倍近い人が、最も安全と思われる家庭内で命を落としてしまっていることになる。「種類別で最も多いのが溺死で5,491人。次に、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング