離婚のストレス?顔面麻痺を告白したアンジェリーナ・ジョリー

女子SPA! / 2017年7月29日 8時45分

アンジェリーナ・ジョリー(42)が昨年、ベル麻痺だと診断されていたことを明かした。 ベル麻痺は、一時的に顔面神経が麻痺して起こるもので、アンジェリーナの場合は顔の片側が垂れ下がる症状があったという。家族のことを最優先し、長い間治療をしなかったというアンジェリーナは、鍼治療によって症状を回復させていたとヴァニティ・フェア誌の9月号で話している。 「これは更年期だからなのか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング