写真

結婚式にひんぱんに出席することはないとはいえ、家計にとっては結構な負担となるのが「ご祝儀」。新郎新婦との関係性によって相場は変わりますが、その一方で基本的にご祝儀がいらない地域もあります。 ◆会費制でもご祝儀は別に払うべきと譲らない夫 鈴下すみれさん(仮名・31歳/化粧品メーカー)は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング