雅子さま、9月以降に負担の大きい地方公務を何度も行われるようになった理由

週刊女性PRIME / 2017年10月12日 11時0分

「10月2日の午後1時ごろの京都駅には、おふたりを待つ100人ほどの人々が集まっていました。“雅子さま〜!”と声をかけられると、振り返りながら笑顔で応じられる姿は、とてもお元気そうに感じました」 そう話すのは、とある皇室担当記者。当日はあいにくの雨でどしゃぶりだったにもかかわらず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング