芝田山親方がソワソワ、日馬富士騒動での次期理事長選は「棚からぼたもち」か

週刊女性PRIME / 2017年12月7日 18時0分

『日馬富士暴行事件』は第2ラウンドに突入したようだ。 「日馬富士の引退で幕引きを図ろうとする協会と、それで済ませるわけにはいかないという貴乃花親方がにらみ合っている状態です」(スポーツ紙記者) 収束するにはまだまだ時間がかかりそうだが、この騒動に困惑している人たちばかりではない。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング