オリンピック出場選手、競技中にケガをした場合の「医療保険」事情

週刊女性PRIME / 2018年2月20日 11時0分

氷上・雪上の競技にケガは避けて通れない。スノーボード・ハーフパイプで銀メダルを取った平野歩夢選手は、昨年3月の「全米オープン」で着地に失敗、大ケガを負った。 14日のハーフパイプ決勝では、戸塚優斗選手が競技途中で着地に失敗して転倒し、身体を強く打った。自力で動けず救助ソリで運ばれたため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング