《山口・下松市》老々介護の悲劇、妻の遺体とドライブした夫の胸中

週刊女性PRIME / 2018年4月4日 20時0分

自宅寝室で妻の啓世さん(66)の首を絞めて殺害した仲子茂美容疑者(69)は、妻の遺体を軽自動車の助手席に運び、島根県に向かった。 殺害現場は山口県下松市の県営住宅。向かった先は、そこから直線距離で約60キロ離れた島根県益田市内だった。 「妻の首を締めて殺した」と夫 親族から出されていた行方不明者届に記してあった同型の軽自動車を、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング