<横浜・学校事故>跳び箱で下半身不随に 校長は謝罪なく「公表しないで」と口封じ

週刊女性PRIME / 2018年9月14日 16時0分

何が起きたのか公表したがらず、十分な説明をすることもない。隠蔽が疑われるような学校対応は、いじめだけに限らない。授業や部活中の事故でも同様だ。 体育の跳び箱で下半身不随に '17年5月11日、横浜市鶴見区の市立中学校で、中学2年生だった男子生徒、山下翔くん(15=仮名)が体育の授業中、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング