高橋大輔、競技もプライベートも “ノーマーク” とはいかない苦しい現状

週刊女性PRIME / 2018年11月20日 4時0分

11月16〜18日に行われたフィギュアスケート、グランプリ(GP)シリーズ2018ロシア大会。男子ショートプログラム首位の羽生結弦(23)が、朝の公式練習で右足首を負傷する中、フリーも1位をマークし、合計278・42点で優勝を果たし、磐石の強さを見せつけた。 一方で前回のグランプリシリーズ第4戦のNHK杯では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング