写真

※写真はイメージです

人間の生命維持に欠かせない血管の全長は約10万キロメートル、地球2周半の長さだが、日本中に張り巡らされている水道管の全長は約66万キロメートル、地球16周分の長さになる。 その水道管が今、日本中で老朽化し、ボロボロになっているという。 日本の水道は危機だらけ 「水道管の耐用年数は約40年といわれていますが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング