夏菜 6年ぶりの主演ドラマにかける思いと、“いい子”でいることをやめた理由

週刊女性PRIME / 2019年1月17日 11時0分

「私を主役にしてくださって、本当にありがたい!全国ネットの連ドラ主演は、朝ドラ(’12年『純と愛』)以来、6年ぶりです。あのとき感じた怖さや反省点は山ほどあって。“今だったらできるんじゃないか”という、その思いをこの役に集約させたいと思っています」 お笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』をドラマ化した『人生が楽しくなる幸せの法則』で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング