祖母を包丁で殺害、孫の容疑者が中学時代に書き残した「自己の性格」

週刊女性PRIME / 2019年1月23日 16時0分

病院の夜勤から帰宅した看護師の母親(64)が、第一発見者である。 11日午前11時40分ごろ、夫の母(90)と自分の三男(32)と3人で暮らす2階建て一軒家の自宅で目にしたのは、1階の寝室のベッドの上で息絶えている姑の姿だった。浴衣の袖には血が黒々と染みついていたという。 容疑者の腕にも傷 「義理の娘から“おばあちゃんが刺されて死んでいる”旨の110番通報が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング