写真

無職・八幡和貴容疑者(中学の卒業アルバムより)

病院の夜勤から帰宅した看護師の母親(64)が、第一発見者である。 11日午前11時40分ごろ、夫の母(90)と自分の三男(32)と3人で暮らす2階建て一軒家の自宅で目にしたのは、1階の寝室のベッドの上で息絶えている姑の姿だった。浴衣の袖には血が黒々と染みついていたという。 容疑者の腕にも傷 「義理の娘から“おばあちゃんが刺されて死んでいる”旨の110番通報が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング