写真

※写真はイメージです

経済状態や労働環境の違いによって、病気のリスクや寿命に格差が生じる『健康格差』が社会問題となっている。最悪の場合、死に至ることも少なくない。 とことん我慢して取り返しのつかない状況に 全日本民主医療機関連合会(民医連)では、経済的な理由により受診や治療が遅れ、死亡したケースの調査を'05年から行っている。今年3月の最新発表によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング