写真

現場マンション前には献花でいっぱいに……

「同じ年ごろの子どもを持つ母親として、なぜ死なせたんだと。子どもさんがかわいそう。私は周りから助けられたから、なんとかやってこれたんですけど、それができなかったんでしょうね。でも、死なせるくらいなら、私が引き取りたかった」 幼子を抱いたまま献花に訪れた30代の母親は涙を浮かべながら手を合わせた。 日常的な虐待の痕 6月5日の午前5時ごろ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング