写真

残っている結愛ちゃんの写真は、かわいらしいものばかり

「もはや、しつけという観点からはかけ離れ、みずからの感情に任せて行われた理不尽なものとしか言えない」 昨年、東京都目黒区で船戸結愛ちゃんが虐待死した事件の東京地裁判決で、保護責任者遺棄致死罪などに問われた父親の雄大被告(34)に対して、森下実裁判長は懲役13年を言い渡した。 事件は昨年の3月2日に発覚して大きな衝撃を与えたが、雄大被告の成育歴はあまり明らかになっていない。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング