写真

昌之くんの弁護団は、いじめを定めた法律に問題があるとする市の主張を「とんでもないこと」と批判する

東京都の北側に隣接する、埼玉県の川口市。市立中学校に通っていた林昌之くん(17=仮名)は、いじめを受けた当時の学校や市教委の対応が不適切だったとして、市を訴え損害賠償を求めている。 「法律に欠陥」のトンデモ主張 '11年の大津市のいじめ自殺をきっかけに制定された「いじめ防止対策推進法」では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング