写真

※写真はイメージです

水道民営化によって「水の安全」が懸念されている。しかし、施設の老朽化や温暖化などで、すでに差し迫った危機を迎えていることはあまり知られていない。水ジャーナリスト・橋本淳司さんが報告する。 水道には由々しき問題がたくさん 2019年10月1日、改正水道法が施行された。目的は疲弊した水道の「経営基盤強化」。水道の現状は次の3点にまとめられる。 (1)水道事業の収入減 1人あたりの水使用量は減っている。理由は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング