写真

田無署へ移送される容疑者。捜査員に会釈し、無数のカメラにも動じず(12月2日)

《日ごろ家から一歩も出ないヒッキーな自分は、道がわからずにいました》 《一人で切符を買えないダサい自分は必死になって駅員さんに……》 三ツ本寛己容疑者は、卒業文集で中学時代をそう自虐的に振り返っている。しかし、それから10数年後、世間を震撼させる事件を起こした疑いで逮捕されてしまった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング