写真

※画像はイメージです

「若者」という言葉から、どれくらいの年代を想像する人が多いだろうか。 『ひきこもり』について、政府は長らく39歳までを若者と定義し、この区切りにおいてのみ、支援策をつくってきた。40歳を越えてしまった人々は、どうなってしまったのか。 2019年、内閣府が「中高年ひきこもり」についての実態調査の結果を発表。40〜64歳を対象にした広義のひきこもりが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング