写真

'20年6月、初めて“タピオカ恫喝騒動”について語った木下優樹菜

《弊社所属・木下優樹菜は7月1日に活動再開を発表いたしましたが、今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました》(所属事務所のホームページより) 自身のSNSで芸能活動再開を発表したばかりの木下が、1週間もたたないうちに引退に追い込まれた。 「事務所からの発表では、“このような結果になりまして、当社として誠に不本意であり、マネジメント会社としての責任を痛感しております”としているので、双方が同意の上の引退でないのは明らか。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング