写真

浜崎あゆみと、ドラマ『M 愛すべき人がいて』でアユを演じた安斉かれんと、マサ役の三浦翔平(番組HPより)

浜崎あゆみがスターになるまでを描いたドラマが先日、最終回を迎えたが、原作となった小説にも注目が集まっている。「平成の歌姫の人生を描くまでには、多くの苦労もあった」という作者の小松氏に、今だから話せるあゆへの思いを聞いてみると―。 初めて語った原作者の気持ち 「昨年5月に歌手デビューした安斉かれんさんが主役の“あゆ”を演じ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング