守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した――吉永泰之(富士重工業社長)

経済界 / 2017年3月21日 9時15分

富士重工業は4月1日、社名をSUBARU(スバル)に変更する。富士重工業の前身である中島飛行機が誕生して今年でちょうど100年(当時の社名は飛行機研究所)という節目の年の大きな決断だ。その狙いを吉永泰之社長に聞いた。聞き手=本誌/関慎夫写真=幸田森社名を変える前にブランド力を強化――4月1日に富士重工業からスバルへと社名が変わります。準備が大変なのではないですか。吉永それほどでもないですよ。社名変更で大変なのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング