5年に1度開かれる中国共産党大会が終わり、新たな指導者7人が選出され、習近平体制の2期目がスタートした。新しいメンバーは習近平派が多く、しかも次期総書記の有力候補が入っていないため、習総書記の終身権力者への道が開かれた、と見る向きもある。果たして習総書記の「野望」は実現するのか。文=アジア問題ジャーナリスト/日暮高則習近平派が過半を占めるトップセブン中国の習近平体制は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング