写真

写真はイメージです

カラオケ店での合コンを終えた荻野和真(仮名、裁判当時23歳)が女性を車で家まで送った時、すでに明け方の6時頃でした。これから家に帰ってすぐに運送のバイトに行かなければなりません。 「疲れてたので早く帰りたいと思いました。100キロは出していたと思います」 その後の警察の調べでは彼は当時117キロのスピードを出して運転していました。制限速度40キロの道路で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング