写真

スマートフォンが浸透したことで、いまや「アプリ」は私たちに欠かせないツールになっています。世界初のスマホは1992年のIBMの「SimonPersonalCommunicator」と言われていて、そこからノキアの「Symbian」とかブラックベリー社の「BlackBerry」なんかが黎明期を支えていくのですが、やはり日本人にとってのスマホといえば、2007年リリースのiPhoneと2008年リリースのAndroidでしょう。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング