写真

冷静に考えて欲しい(写真はイメージです)

都内でバーを経営していた高部大地(仮名、裁判当時35歳)の覚醒剤使用のきっかけは「ネットの掲示板で知り合った人」との出会いでした。その人物に何度も覚醒剤を使うよう勧められましたが「幼い頃からダメだと教えられてきた」彼はそのたびに断っていました。しかし何度も誘われるうちに好奇心が芽生えてきてしまいました。 「一度くらいなら…」 はじめは軽い気持ちでした。 「私くらいの年代は小学校の頃からクスリはダメだと教育されてきました。まさか自分が使うようになるとは思ってませんでした。クスリを使う人に対して『どうしてやるんだろう』『どうしてやめられないんだろう』と思ってました」 クスリについて以前はこのように… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング