写真

亀田家に対するバッシングは2006年8月2日WBAライト級のタイトルマッチ、ファン・ランダエダ戦において亀田興毅氏が初の世界チャンピオンになった「疑惑の判定」からだと思う。「疑惑の判定」とは、その後の亀田史郎氏のテレビ出演を含めて言う。テレビ朝日系の朝の番組「スーパーモーニング」では漫画家のやくみつる氏との喧嘩がさらに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング