写真

1971年に駅構内に設置され不特定多数の人間が利用できる状況のコインロッカーから乳幼児の死体が発見されるという事件が大きく取り上げられると、全国で同様の死体遺棄事件が相次ぐ形で社会問題化となった。 中にはまだ胎盤とへその緒がつながったままの新生児というケースや、誰かにいち早く発見してもらい保護してもらうよう乳幼児と必要な身の回り品が添えられていたケースもあったという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング