写真

窃盗症(クレプトマニア)、衝動的に万引きを繰り返す精神疾患。かつて、女子マラソンで一世を風靡し、世界陸上選手権の代表選手でもあった原裕美子36歳が、現役時代から窃盗症と診断され、万引きを繰り返し、引退後もその疾患から逃れられず再犯、その判決公判が12月3日、前橋地裁太田支部で開かれ、原被告に懲役1年、保護観察付き執行猶予4年の判決が言い渡された。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング