写真

「流行語大賞」が発表されましたが、私はノミネートされなかった言葉に注目したいのです。 まずこれ。 ●『それはいくらなんでも、それはいくらなんでも、ご容赦ください』(太田理財局長) 自民党の和田政宗議員に「アベノミクスをつぶし、安倍政権をおとしめるつもりがあるから、意図的な答弁をしているのか」と言われた太田理財局長が呆れて発した言葉である。今年は太田理財局長だけでなく「それはいくらなんでも」と思ってしまうことが多すぎた。 たとえば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング