写真

中国では60%以上、韓国では80%以上という高い比率でキャッシュレス決済が浸透しているようだが、ここ日本では現状でも利用率は20%程度に留まる。 この状況を逆手に取ると、日本におけるキャッシュレス決済の覇権争いにはまだまだ勝算ありとして各社がしのぎを削る事態に。 そんなキャッシュレス決済の中でも「100億円あげちゃうキャンペーン」として多額の投資と話題性で一躍その名を轟かせたのがソフトバンクとヤフーのジョイントベンチャー「PayPay」だ。 このPayPayによるキャンペーンは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング