写真

検挙数としては、ここ数年の減少傾向にある速度違反ですが、移動式オービスの登場で、2019年は時速15km未満の検挙数だけが約8倍も増加しています。一方、そうした速度取り締まり装置を検知する「レーダー探知機」も常に進化しています。 ■移動式オービスの普及で速度15km未満の速度違反検挙が急増警察庁が公開した「道路交通法違反の取締り状況」によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング