【ソウル共同】韓国関税庁は10日、昨年4~10月に北朝鮮から石炭など計約3万5千トンがロシア経由で韓国に不法輸入されていたと発表した。 韓国政府の説明によると、昨年10月に北朝鮮の石炭を積んだ疑いのある船舶が韓国の港に入ったとの情報を入手。同年8月には国連安全保障理事会の制裁決議によって北朝鮮からの石炭の全面禁輸が決まっていた。 北朝鮮の石炭が制裁逃れのためロシア産に偽装されて韓国に輸入されていたとの疑惑は安保理北朝鮮制裁委員会の専門家パネルの調査報告書でも指摘されていた。 韓国は米国とも協力し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング