16日未明から早朝にかけ、名古屋市中川区九重町で鉄筋コンクリート4階建てのビルを全焼する火事があり、消火に当たっていた名古屋市消防局の男性隊員3人が、けがや熱中症の疑いで病院に搬送された。 同消防局によると、16日午前1時20分ごろ119番があり、約30分後、ビルに隣接する車庫の屋根で消火活動中だった消防司令補(57)が足を滑らせて転落、頭を打撲した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング