写真

公式練習で調整する池江璃花子=ジャカルタ(共同)

【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会の競泳日本代表の奥野景介コーチは18日、女子で複数種目の金メダルを狙う18歳の池江璃花子(ルネサンス)が、四つのリレーを含む8種目に出場する意向と明らかにした。 個人では自由形とバタフライで50メートルと100メートルを泳ぎ、リレーは400メートル、800メートル、400メートルメドレー、混合400メートルメドレーに臨むという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング