写真

インフルエンザ治療薬のタミフル

厚生労働省は21日、高い所からの飛び降りといった異常行動が報告されたため原則禁止としていた10代患者へのインフルエンザ治療薬「タミフル」の投与を、同日から再び認めたと明らかにした。専門家会議が、異常行動とタミフルに因果関係があるとは言えないと判断したのが理由。 国の調査では、異常行動は薬の服用の有無や種類に関係なく起きていた。今後は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング