写真

パレスチナ自治区ガザで、イスラエルへの抗議デモに参加し、脚に銃撃を受けた若者ら=8月28日(共同)

パレスチナ自治区ガザで3月末に始まったイスラエルへの抗議デモの終わりが見えない。ガザの保健当局によると、9月上旬までにイスラエル軍との衝突で死亡した人は170人以上、負傷者は1万8千人超に上る。一体どれだけ犠牲者を出せば、収束に向かうのか。 当初は、1948年のイスラエル建国で故郷を追われたパレスチナ難民の帰還を求めることが主な目的だったが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング