西日本豪雨で決壊した岡山県倉敷市真備町地区の堤防の拡幅工事に伴い、県が堤防沿いの一部の住民に対して立ち退きを求める方針を固めたことが19日、県への取材で分かった。 対象となるのは、小田川の支流で県管理の末政川や高馬川、真谷川の堤防沿いの住民。県は3河川に関し、小田川との合流地点から約1キロ上流にわたってかさ上げするなど堤防の強化策に取り組むが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング