写真

文科省の戸谷一夫事務次官

林芳正文部科学相は21日の記者会見で、同省幹部が絡む贈収賄事件を受けた省内調査を踏まえ、戸谷一夫事務次官(61)ら幹部の処分を発表する。戸谷氏は事件の責任を取って同日付で辞任する。文科省では昨年、天下り問題で前任の前川喜平氏も引責辞任しており、2代連続という異例の事態で、組織の立て直しが急務となる。 戸谷氏と高橋道和初等中等教育局長(57)、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング