橋本健元市議が詐取認める 政活費690万、神戸地裁

共同通信 / 2018年9月21日 14時59分

架空の領収書を提出するなどして政務活動費(政活費)約690万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元神戸市議の橋本健被告(38)は21日、神戸地裁(川上宏裁判長)での初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。 起訴状によると、印刷業者名義の架空の領収書を提出するなどして、2011~14年度の政活費計690万円をだまし取ったとしている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング