写真

男子81キロ級決勝 サイード・モラエイ(右)の攻めをこらえる藤原崇太郎。一本負けを喫した=バクー(共同)

【バクー共同】柔道の世界選手権第4日は23日、バクーで男女各1階級が行われ、男子81キロ級で初出場の20歳、藤原崇太郎(日体大)は5試合を勝ち上がって臨んだ決勝で世界ランキング1位のサイード・モラエイ(イラン)に延長の末に一本負けを喫し、銀メダルだった。 女子63キロ級で2014年、15年大会銅メダルでリオデジャネイロ五輪代表の田代未来(コマツ)も決勝で昨年女王のクラリス・アグベニェヌ(フランス)に延長の末、一本負けで銀メダル。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング