写真

はやぶさ2から放出した、小型ロボットから撮影した小惑星りゅうぐうの地表(JAXA提供)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、探査機はやぶさ2の小惑星りゅうぐうへの着陸を来年1月後半以降に延期すると発表した。当初は今月下旬を予定していたが、小惑星は表面がどこも岩だらけででこぼこなため、安全な着陸方法を考え直すとしている。 計画の責任者を務める津田雄一・JAXA准教授は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング