東京医科大の不正入試を受け、文部科学省が医学部医学科を置く全国の81大学の入試状況を緊急調査したところ、複数の大学が女子や浪人の受験生を不利とするなどの扱いをしていた疑いがあることが12日、分かった。 関係者によると、過去6年間の入試で男女別の合格率の差が大きかった大学を中心に訪問調査を実施した結果、性別などにより扱いに差をつけたり、特定の受験生を有利にしたりした可能性が見受けられる資料などが確認されたという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング