イオンは12日、中四国でスーパーなどを運営するフジと資本・業務提携すると発表した。2019年2月末をめどにフジの発行済み株式を最大15%取得する。取得額は約130億円の見込み。食品スーパー事業をブロックごとに再編して地域密着を図る方針を既に発表しており、フジとの提携で中四国での競争力を高めたい考えだ。 フジは19年3月以降にイオン傘下のマックスバリュ西日本の株を取得する。イオンとは商品の共同調達や地域限定の自主企画ブランドの開発、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング